メニュー 閉じる

愛犬の【寒い】のサイン

「犬は毛皮があるから寒くない」

寒さに強いと思われがちなワンちゃん達。

しかし、犬は自分で体温や湿度の管理をできないので、体調を崩してしまうワンちゃんもいます。

そこで、今回はワンちゃんの【寒い】のサインをご紹介します!

①縮こまって動かない

・散歩を嫌がる

・頭と足をお腹の方に入れて丸まる

・日の当たる場所に寝床を移す

「暖かい室内から外に出たくない」「寒い日はなるべく動きたくない」と思うのは、ワンちゃんも同じです。

 

②ブルブル震える

小刻みにブルブル震える理由は…

・緊張

・恐怖

・寒さ

震えている時は、注意してみてあげてくださいね。

 

③水の摂取量が減る

寒い日は、水の摂取量が減ります。水を飲まなくなると脱水になったり、口腔内の乾燥によって感染症のリスクが高まります。

<対策>

・温水やぬるま湯にしてあげる

・フードにぬるま湯をかけて与える

等、水分を取れるよう工夫してあげてくださいね。

 

④やたら吠える

飼い主さんに寒さを伝えるために、要求吠えをすることがあります。外気温の急激な変化で、体温の低下などを察知し危険を感じるからです。

特に朝晩に吠えることが増えたら、寒さを感じているかもしれません。

 

愛犬の【寒い】のサインを見逃さず、快適な冬を楽しんでくださいね!!

 

みなさんの愛犬の健康を心から応援しています!