メニュー 閉じる

ワンちゃんが食べてはいけないもの

人間が食べておいしいもの。わが子のようにかわいがる愛犬にも、ついついあげたくなるものですよね。

しかし、人間と犬とでは体の構造が違います。犬はもともとは肉食で、人と暮らすようになって雑食なった動物です。犬は消化器官がたんぱく質の分解を得意とするので、人間の食べ物が犬にとって必ずしも安全ではないのです。

愛犬の健康を守るために、ぜひ参考にしてください。

犬が食べてはいけないもの

・チョコレート、ココア

チョコレートに含まれる「テオブロミン」に毒性があります。(ダークチョコレートは特に要注意)

・キシリトール

インスリンの分泌を強く刺激し、低血糖症を引き起こす可能性があります。

・たまねぎ、ネギ、ニラ、らっきょ、にんにく

溶血という現象を引き起こし、赤血球を大量に破壊し、貧血症状を引き起こす可能性があります。

・ぶどう、レーズン

急性腎不全を引き起こす可能性があります。

・アボガド

アボガドに含まれる「ペンシン」という成分が、体調不良(下痢、嘔吐など)引き起こす可能性があります。

・マカデミアナッツ

筋肉に力が入らない、痙攣、嘔吐などの症状を引き起こす可能性があります。

・アルコール

犬はアルコールを分解する酵素を持っていないので、長期間にわたって体内を循環してしまいます。意識が朦朧とする、心肺機能が鈍くなる、呼吸回数の低下、低体温、嘔吐などの症状を引き起こす可能性があります。

「テーブルに置いていたものをこっそり食べていた」「与えてはいけないと知らずに食べさせてしまった」といったこともあるかもしれません。

もし食べてはいけないものを愛犬が食べてしまったら?

自己判断せず、必ず動物病院で診察してください。

1.何を食べたか

2.どのくらい食べたか

3.いつ食べたか

この3つは獣医さんに正確に伝えてください。

 

愛犬の健康を守れるのは飼い主さんだけです。

愛犬が元気で長生きできるよう、食生活も気を付けてあげてくださいね。

 

みなさんの愛犬の健康を心から応援しています!