メニュー 閉じる

雨の日、ワンちゃんのお散歩どうしてますか?

そろそろ散歩の時間だというのに、外はどしゃ降りの雨・・・。

あー、お散歩に行きたくない。特に今の時期はそんな思いを抱えた飼い主さんが多いのではないでしょうか。

というわけで、雨の日のお散歩事情についてまとめました。

雨の日でも散歩に行かなくてはいけないの?

犬と暮らすなら、散歩は欠かすことのできない大切な日課です。

しかし雨の日の散歩は帰宅後が大変。ブラッシングやドライヤーに小一時間かかってしまうことも珍しくありません。雷が鳴ろうとどしゃ降りの雨だろうと、絶対にお散歩に行かなければならないのでしょうか?

答えは「場合によってはいかなくてもいい」です。散歩中にしか排泄できず、家にいるときは我慢してしまうワンちゃんの場合、我慢が病気やストレスに直結するので、どんな天候でも散歩に行かなくてはなりません。もともと多くのワンちゃんは、雨で身体が濡れることなどあまり気にしませんから、大喜びで外に飛び出すはずです。

しかし、家の中でも排泄ができるようしつけられたワンちゃんなら、雨の日に散歩に行かなくても、そんなに大きな問題は起こりません。

雨の日の過ごし方

ワンちゃんにとっては、雨の日に散歩に行けないのは退屈なのかもしれませんが、きちんとしつけておけばある程度は我慢してくれます。散歩に行かない代わりにちょっと長く遊んであげるなど、ワンちゃんのストレスを少しでも減らすように気を配りましょう。

散歩を我慢できる子の育て方のコツは、毎日の散歩時間をバラバラにすることです。何時になったら必ず散歩に行くと決めて規則的に散歩していると、いざ散歩に行けなかったときに、ワンちゃんは大きなストレスをかかえてしまいますし、欲求吠えもおこしやすくなります。

できれば、おうちの中でも外でもトイレができるようになっておくといいでしょう。家の中で排泄ができれば、ワンちゃんが年老いた際、万が一の災害による避難生活の際でも役立ちます。

雨の日の散歩の注意点は?

リードを持つとき力が必要な中型犬や大型犬の場合は、傘をさしての散歩はおススメできません。リードを両手で保持していないと、いざというときにリードコントロールができないからです。多少面倒でも、ワンちゃんだけでなく飼い主さんもレインコートを着て散歩をすると安心です。

尚、濡れたままでワンちゃんを放置してしまうと皮膚病などにかかりやすくなるので、散歩から帰ってきたら、きちんと水分を拭き取って、ドライヤーなどで十分乾かしてあげてください。

雨の日の散歩は億劫だと思いますが、やはり外でなければ排泄できない子は散歩に連れて行かなければいけないようです。雨の日だって一緒に過ごせる貴重な時間。上手に気分を切り替えて、楽しくお散歩に行けたらいいですね。

 

 

みなさんの愛犬の健康を心から応援しています!