メニュー 閉じる

愛犬が喜ぶ言葉

愛犬がもっとあなたのことを大好きになる言葉を集めました。

ぜひ、スキンシップやコミュニケーションも兼ねて、言葉をかけてあげてくださいね!!

 

①おりこうさん

しっかりお留守番することができたとき、良い行いができたときなど、“おりこうさん”という言葉をかけてあげると、愛犬は喜びます。

喜ぶ気持ちが表情にもあらわれますし、しっぽを大きく振っていたり、クンクンと声を出したりして喜んでくれることがあります。

そして、“また次も良い行いをしよう”とします。

良い行いを“おりこうさん”と褒めてもらうことができるワンちゃんは、イタズラや問題行動がほとんどないんですよ!

 

②かわいい

甘える表情を見せたとき、おもちゃで遊ぶ姿を見たとき、つい、“かわいい”という言葉をかけてしまいますよね。

ワンちゃんは、褒め言葉であることをよく理解しているようです。

甘える表情を見せたとき、飼い主さんから“かわいい”と褒めてもらったことで喜び、次はもっと甘えようとします。

 

 

③おいで

飼い主さんが家事などで忙しくしているとき、ワンちゃんはジッと待っていますよね。

飼い主さんの様子や行動をうかがいつつ、“おいで”と呼んでもらえることを待っているんですよ。

ワンちゃんは、“おいで”という言葉をかけられたあと、何か良いことが起きるということを理解しています。

たくさん撫でてもらえるかもしれません、おやつがもらえるかもしれません、その嬉しい何かを期待して“おいで”という言葉をかけてもらえることについ、喜んでしまうのです。

かわいいですね!!

 

④お散歩

大好きなお散歩。“そろそろ声がかかる頃かなぁ…”と、ワンちゃんが待ち遠しくしている言葉です。

飼い主さんからの“お散歩行く?”という言葉を聞くと、カラダ全体で喜びを表現します。

“お散歩”という言葉が大好きなあまり、“今日は雨だから、お散歩には行けないね…”という飼い主さんの言葉にもつい喜んでしまいます。

どんなに“今日は、お散歩には行けないよ!”と言われても、リビングのドアの前や玄関でスタンバイしてしまうワンちゃんもいます。

そんな姿を見ると切ないですよね…

 

⑤ごはん

“ごはん”は、ワンちゃんが最も喜ぶ言葉なのではないでしょうか。

“おやつ”よりも“ごはん”の方が反応が良いワンちゃんもいます。

私たち人間にとっても食べるということは、一日の中の大きな楽しみでもありますよね。

たまには温野菜や鶏肉などトッピングしてあげると、さらに“ごはん”という言葉が喜びの言葉になるかもしれませんね。

 

言葉そのものを理解しているというよりも、飼い主さんの笑顔や楽しい気持ちが伝わり、愛犬も嬉しいのだと思います。

怒った表情で“おりこうさん”ということはないですもんね。

これからも愛情たっぷりに笑顔で言葉をかけてあげてくださいね。

 

 

みなさんの愛犬の健康を心から応援しています!