メニュー 閉じる

夏バテ予防になる食べ物

夏の暑い時期になると、他の時期と比較して愛犬が食欲不振になるということはないでしょうか。

ワンちゃんの食欲が落ちてしまうのは、夏バテが原因かもしれません。

食欲不振は体力低下を招き、愛犬の健康を損なう危険性があります。

今回は暑い夏を乗り切るために犬に与えたいおすすめの食べ物をご紹介します!

<夏バテ予防に役立つ食材>

〇キュウリ

キュウリは水分を多く含んでおり、体の熱を冷ます効果があります。

水分補給としておやつ代わりに与えることがおすすめです。

※キュウリは食べすぎると下痢や嘔吐につながりかねないので、注意して与えましょう。


〇ズッキーニ

ズッキーニは体の熱を冷ますだけでなく、潤いも与えてくれます。

夏バテだけでなく、皮膚の乾燥や肌トラブルも気になる場合は、積極的に取り入れてみてください。


〇冬瓜

冬瓜はビタミンCやカリウムを含んでおり、体を冷やし水分を多く摂取できる食材です。

低カロリーな食材でもあるので、ダイエット食にもおすすめです。


〇トマト

体を冷やすだけでなく、鉄分が豊富で貧血を防ぐことができます。

胃腸の働きを助けるクエン酸も含まれているため、腸のケアにもおすすめです。

※与える際はヘタを必ず取り除き、完熟したものを食べさせるようにしましょう。


〇トウモロコシ

体内のエネルギー生成を促進するアスパラギン酸を豊富に含み、ミネラル補給や疲労回復効果があります。

与える際は芯を必ず取り除き、茹でたものを食べさせましょう。

※生のまま食べると消化不良を引き起こすので注意してください。


〇ハトムギ

涼性。水野代謝を促して体の熱を取る効果があります。

カルシウム・ミネラル・食物繊維が多く含まれており、腎臓機能を高める効果があるため、犬の健康にも一役買ってくれます。

<夏バテ中の犬に与えないほうが良い食べ物>

体を強く温める羊肉はさけてください。

また生ものは胃腸に負担をかける他、傷みやすいので控えたほうが良いでしょう。

愛犬の体調が優れないようであれば、水分を多く含んだウエットフードがおすすめです。

 

<夏に犬に食べ物を与えるときに気をつけること>

夏場は気温・湿度、犬の体調のなど変化が激しいため、食事には注意が必要です。


〇食中毒

犬の胃酸は人間よりも強く、基本的に食中毒が起こることは少ないですが、雑菌が繁殖しがちな生の食材や、ウエットフード、手作り食を長時間放置しないよう注意しましょう。


〇冷たい食べ物を与えすぎない

冷たい食べ物は胃腸の働きを弱め、下痢などを引き起こします。

食欲がないからと冷たい食べ物ばかり与えるのではなく、バランスを考えて、水分量の多い食材を意識して与えてください。

 

ワンちゃんは暑さに弱いため、夏場は体調の変化に注意が必要です。

夏バテを防ぐためには水分を多く摂ることを意識し、ウエットフードや体を冷やす食材をうまく活用しましょう。

 

みなさんの愛犬の健康を心から応援しています!