メニュー 閉じる

春も危険な熱中症!予防法は!?

実は熱中症は春に多いのをご存じですか?

ゴールデンウィーク前後から、動物病院には熱中症で運びこまれる犬が急に増えるのだそうです。

まだそんなに暑くない時期なのになぜでしょうか?

その理由と熱中症の予防法を今回は特集します!!

 

〇春に熱中症が多いわけ

ワンちゃんは人間に比べて熱中症にかかりやすい体のしくみをしています。

人間ならば汗をかいて熱を体外に放出することができますが、犬は主に口からの息でしか放熱できないので、体に熱がこもりやすいのです。

その上春は…

・ワンちゃんの体が暑さに慣れていない

・換毛期(暑い時期に適度にけが抜ける)が済んでいない

・夏に比べ、春は飼い主さんが大丈夫だと油断する

など

大切なご家族が熱中症にならないように、「油断」に気をつけましょう!!

 

 

〇春先の熱中症の予防法

熱中症は飼い主さんの管理でほとんどが予防できます。

・気温が20度を超えたら熱中症を発症する可能性があると心得る

・愛犬を車内に置き去りにしない

・息が上がるほどに運動させない

・外出中は、こまめな水分補給をする

・自宅で留守番させるときは、日中気温が上昇するのでエアコンをつけておく

など

 

真夏にはエアコンをつけたり、水分補給をこまめにしたりと、多くの人が意識して熱中症対策をしますよね。

一方で春は「まさか熱中症なんて」と、油断してしまうこともあるかもしれません。

しかし、全身を毛で覆われた犬にとって、春も熱中症に気を付けたい時期といってもよいでしょう。

 

しっかり対策をして心地よい春の日々を、愛犬と楽しんでくださいね!

 

 

みなさんの愛犬の健康を心から応援しています!