メニュー 閉じる

犬も花粉症になるの?

気温が上がり、植物が花を咲かせる季節になると、花粉症に悩まされる飼い主さんも多いのではないでしょうか?

花粉症って人間のものだと思っている方が多いかもしれませんが、実はワンちゃんにも花粉症はあるんです。

ただ、人間と同じような症状が出る花粉症はありません。

今回は、そんなワンちゃんの花粉症について特集したいと思います!!

 

〇犬がアレルギー反応を起こす花粉

・春のスギ

・ヒノキ

・シラカバ

・夏のイネ科植物

・秋のブタクサ

・ヨモギ

など

 

〇花粉に反応した時の症状

鼻や目の痒みの症状はなく、皮膚に症状が出ます。

愛犬の皮膚の不調が、春だけ、夏だけ、など特定の時期に現れるなら、花粉にアレルギー反応を示している可能性があります。

・初期には口や目の周り、足先の皮膚が赤みを帯びてきます。

(ワンちゃんは痒みで引っ搔いたり舐めたりする行為がみられます)

・食べ物へのアレルギー反応が同時に出ていてアレルギー性皮膚炎も併発している場合は、下痢の症状もみられます。

・アトピー性皮膚炎が悪化すると、全身の皮膚が赤くなったりフケが増えたりします。

・慢性化すると皮膚の黒ずみ(色素沈着)や皮膚が硬くなったりもします。

ワンちゃんのアトピー性皮膚炎は、早期に治療を開始して悪化させないのが重要です!

 

〇愛犬がアトピー性皮膚炎だと診断された場合

・薬用シャンプーや保湿剤を使う

・抗菌薬やステロイド薬などを使う

など

 

次回はそんな辛い花粉症の対策について特集します。

正しい知識を得て、愛犬の健康を守りながら楽しい日々を過ごしてくださいね!

 

みなさんの愛犬の健康を心から応援しています!