メニュー 閉じる

寒暖差にご注意を...

“犬は寒さに強い”と言われますが、最近は室内飼いのワンちゃんが増えてきているため、一概に寒さに強いとは言えなくなってきています。

犬は7度以上の気温差で体調を崩しやすいと言われており、特に消化器官に不調が出やすいので注意してあげましょう!

今回は、この寒暖差の激しい今の時期に気を付けたいことを特集します。

 

〇過ごしやすい温度・湿度に調節する

一般的にワンちゃんが過ごしやすい温度は22~23度であり、老犬では24~27度、心臓疾患等がある犬の場合は23~24度と言われています。湿度は50~60%が過ごしやすいでしょう。

マルチーズ、シーズ、ヨークシャテリア、チワワ、プードル等のワンちゃんは特に寒さに弱いと言われています。

ゲージ置き場は窓の側では冷気が流れ込んできて冷えるので、窓から1m以上離して設置することが望ましいです。ゲージを布で包んだり、ゲージ内にはタオルや毛布を置いて保温効果を高めてあげるのもいいかもしれませんね。

 

〇急激な温度変化に注意

温度差が7度前後となる急激な寒暖差は、血管収縮や血圧異常を来たす“ヒートショック”を引き起こす可能性があり、心臓に負担がかかります。またこの時期は、免疫力の低下によって体調を崩しやすくなることも多いので、温度差には注意が必要です。

 

〇こまめなブラッシングを

ブラッシングすることで毛並みがふんわりして皮膚表面に空気の層ができることで、体が温かい空気に覆われている状態になります。ブラッシングすると新陳代謝を高める効果もあるので、季節に問わずこまめに行ってあげることが良いでしょう。

 

〇食事管理

寒さ予防には皮下脂肪も関係するので食事量を少し増やしてみても良いかもしれません。

寒くなると水分摂取量が減って排尿回数が減ってしまうので、水分補充もこまめにしてあげましょう。

 

本格的な寒さが訪れ、急激な気温差に身体がついていけず体調を崩される方も多いのではないでしょうか。それは愛犬も同じ。

事前に予防策を取り、愛犬と健康な毎日をお過ごしくださいね!

 

みなさんの愛犬の健康を心から応援しています!